Log in

Log in

2017年2月より、サロンWEB会員とオレンジページnet会員が統合され、オレンジページメンバーズとなりました。

新規登録

 トーク

【お写真&情報募集!】 地元の人気もの、ローカルフードを探せ! 第27回:山形県

終了

10オレンジ

期限:2017/06/02

地元の方、旅で行かれたことがある方、もしくは人づての話でも大歓迎!

各都道府県のローカル食品。
特に地元スーパーで扱うようなパン、お菓子、飲み物、調味料、漬物、アイスといった加工食品には、ロングセラー品やかくれた名品がいっぱい。
ほかの県の人が「なにそれ~」「食べてみたい!」と思うような、素敵なものがあるはず!
そこで、みなさんから情報を寄せていただき、誌面と連動させて全国にお届けしようというのがこの企画。

今回取り上げるのは、山形県。

蔵王、吾妻、飯豊など日本百名山に数えられる山々に囲まれ、米沢、山形、新庄の各盆地と庄内平野を最上川が流れる自然豊かな山形。ブランド米のつや姫や、さくらんぼ、芋煮、だしなどおいしいものがたくさんあるのはこの自然のおかげでしょうか。
だだちゃ豆や、米沢牛も忘れちゃいけませんね!
地元で身近な調味料や乾物、麺、ドリンクなど、山形県の家にはこういう食べものが常備してますよ!という山形自慢を是非教えください。
関係ないですが、山形県の形って口を開けた横顔に見えますよね~。


「●●がおいしいって聞いたよ」程度でも大丈夫。
たくさんの情報、お待ちしています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お題】
山形県限定品でもOK! 
「山形ローカルの市販食品・飲料・調味料」を教えてください。

※お写真、大歓迎です!連投もどうぞ♪
※締切は、6月2日です。
※投稿の一部を誌面に転載させていただくことがあります。
(コメント・ニックネーム)

どうぞ気軽に投稿してくださいね♪

みんなの投票・投稿

ぽるん

「ベタチョコ」!
先日テレビで見たのですが、コッペパンを真っ二つにパカっと開いて、その状態でチョコがたっぷりとかかったものです。
普通にスーパーなどでも売られてるそうで、一度は食べて見たいと気になってるパンですっ。

2017/05/17
つまさき

暑い日が増えて、ビール率が高くなってきた今日この頃。だだ茶豆を思い出しました。

2017/05/30
たまたまっち

おしどりのミルクケーキ

牛乳が苦手でも食べられました

2017/05/30
ゆずママ

さくらんぼ、芋煮、ラフランス(水曜どうでしょうの影響です(笑))などが浮かびます。
一度でいいから限界までさくらんぼを食べてみたい!!
こちらでは高すぎてちょこっと買うのが精一杯なので…

2017/05/30
さき

玉こんにゃく!山寺やスキー場にも必ずありますし、スーパーでも売っていて自宅でも作ります。東京のスーパーにたまこんが無くて寂しい‥‥。。

2017/05/27
サラスワティ

私の母が山形出身ですが、いとこの作っただしがたまねぎかせ入っただしでした。
たまねぎ入りも美味しかったです。近くのお豆腐屋で売っているお団子もよかった!
冷たい肉そばも美味しいですよ。

2017/05/27
ATS

山形と言えばやはり「芋煮会」。私が子供のころは、毎年、稲刈りが終わったころに地域の子供会や学校のクラス単位で河原に出かけて芋煮会をしました。もともとは、一年間の稲作の骨休め的な行事だったようです。里芋は、子芋をたくさんつけるので、豊作や子孫繁栄の縁起物という意味もあったようです。
私も夫も山形の出身なのでよく作ります。牛肉の薄切りと里芋の他は、ぶつ切りのネギ、蒟蒻だけのシンプルなもの。味は醤油味で、砂糖を加えてちょっと甘めに仕上げます(ちなみに宮城県は豚肉で味噌味です)。一味唐辛子がよく合います。

2017/05/27
さき

県民のおやつ、おしどりミルクケーキ!ナトリウムやカルシウムも入って栄養価もばっちりです(^^)

2017/05/27
ATS

山形のもう一つの郷土料理の代表は「だす」です。
山形で納豆昆布とよばれているよく粘る昆布のみじん切りを水で戻したものに、きゅうりと茄子のみじん切り(好みにより、大葉、ネギなども加える)を加え、醤油をかけてよくかき混ぜます。
これをご飯にかけて食べるのですが、きゅうりと茄子の旬の夏の時期はひときわおいしく、ご飯がいくらでも食べられます。もともとは、農作業中に家に戻らないでその場で調理して食べられるおかずとして作られたもののようですが、今は各家庭の朝食の定番になっていることが多いです。そろそろ「だす」の季節も近づいてきて、とても楽しみです。
なお、この料理名については「だし」と書いているものが多いですが、正しくは「だす」です。山形の内陸部にいわゆる「だし」の文化はなく、この料理の名前は、調理が簡単で食事のときにすぐ「出す」ことができるから来たとする説が有力です。スーパーなどで「だし」として売られているものは、「だす」に似せてつくられた漬物で、全く別物です。
写真は、混ぜる直前の状態です。乾燥品の「納豆昆布」に適量の水を加えて戻したものが丼に入っています。これにまな板に乗っている野菜を加え、適量の醤油を加えてよくかき混ぜ、粘りを出します。これを熱いご飯にかけて食べます。

2017/05/27
ATS

「だす」の追加です。写真が1投稿1枚しか掲載できないようなので・・・。
「だす」の完成品とご飯にかけた状態です。

2017/05/27