こどもオレンジページ

トーク 実施中 10オレンジ

【こどもオレンジページ 連動トーク】野菜を食べてもらえる工夫を教えて!

期限:2022.02.17

参加者のコメント +

ユリカ

うちの子いわく、餃子や春巻きはみじん切りにしてあればどんな野菜が入っていても食べれるみたいです。包んであればok(小学生)

ぺぐ

時々、ホットケーキに人参や小松菜等の野菜をみじん切りして混ぜて焼いてます。

野菜と認識したうえで、日によれば食べてくれることもあるので、食べない日があっても数日後にまた卓上に出すようにしています。

最近は手伝いしたくなっているので、きゅうりの塩もみを手伝ってもらったら、その日はきゅうりも食べたいと自ら言っていました。

程よく働きかけはしつつ、無理強いして食事が楽しくなくなってはいけないので、親自身必死になりすぎないことも大事だなと思っています。

小中睡太

息子が幼稚園くらいの頃から栄養面健康面の話題をしながら食べたりしてました。例えば「赤いのはカロチンという栄養で、目に良いらしいよ~」とか「小松菜ってカルシウムあるから背伸びるんちゃう~」とか。野菜に限らずいろんな食材や健康に興味が出て、自然に自分から進んで食べてみるようになり、大きくなってからも自分で栄養管理出来るようになってます。

ユリカ

マグカップでオムライスが親子共々盛り上がって作れました♩

あーさん

我が家の子どもがとっておきの時(誕生日、何かに合格した時など)にリクエストする料理は、ローストチキンです。調味液につけた丸鷄とポテトをオーブンでじっくり焼くだけの簡単メニューですが、見た目の豪華さとシンプルながらも力強い味で子どもも大満足です。最近は焼きあがった鶏の解体も子どもにまかせられるようになり、解体しながら鶏の骨や筋肉の様子を学んでいるところが面白いです。

春風吹く子

子供と作った料理ですか? ずいぶん昔になってしまいますが
やはり餃子です。それも いろいろな野菜の みじん切りを入れた餃子。
子供たちは 大人になって 店で食べた餃子が 家と違うと驚いたようです。
家は 欠食児童が3人もいて 好き嫌いを無くすために
キャベツは芯も刻み 人参、ピーマン、小松菜などを細かに刻んで
豚ひき肉に混ぜて 餃子を作りました。
野菜を刻むまでが 私の役目。3人の子が 種を混ぜて 皮に包みます。
丁寧に包む子。おふざけの子。自分たちが食べるから お任せにしました。
焼き餃子の時も有りましたが 揚げ餃子が多かったです。
焼くのは時間が掛り フライパンから取り出すときに 
中味が出たりして綺麗な仕上がりでは無かったせいか 揚げた方が美味しそうでした。
自分で作った餃子で 食卓が笑い声でいっぱいでした。楽しかったです。
店で食べる餃子もいいけど 家の餃子が美味しいと お世辞に言ってくれた子供たち。
たまに 自分たちも子供に作ることがあるようです。
夫は 家の餃子は 餃子じゃないと言います(笑)

トピックス

1

たくさんのご参加ありがとうございました 【ハッピーキャンペーン】

2

【イチからわかる腸活】注目のヨーグルトを紹介します!

3

最新号『オレンジページ 5/17号』(5/1発売)に載ったサロンWEBメンバーをご紹介!

トーク